”代謝の話(4)ー酵素(1)”(大阪)守口のエステ[ゆるびか]

ゆるびか

06-7501-6475

〒570-0028 大阪府守口市本町1-8-16 コムズスクエアA301

営業時間/10:30-19:30 定休日/不定休

”代謝の話(4)ー酵素(1)”(大阪)守口のエステ[ゆるびか]

ゆるびかブログ

2018/11/26 ”代謝の話(4)ー酵素(1)”(大阪)守口のエステ[ゆるびか]

 

今日は「代謝」と切っても切り離せない物質「酵素」について。

 

「酵素」もよく耳にする言葉です。

「酵素」年々体から減ってしまうと言われ、サプリメントなどもよく見聞きします。

何かを隠そうゆるびか自身、酵素のサプリメントを飲んでいたことも・・・。

続けられませんでしたが・・・

 

そんな「酵素」ですが、「酵素」とは「代謝」を進めるための「媒体」です。

「代謝」は体内で起こる化学変化すべてを「代謝」といいますが・・・

・・・「酵素」を簡単に説明するのは、かなり難しいですね・・・(笑)

 

私たち人間はエネルギーを作るために口から食物を摂取します。

食べることでエネルギーの元となる物質を体に取り入れています。

例えばご飯を食べます。

ご飯は咀嚼され、消化され、吸収されます。

ご飯は体内に吸収されるとき「グルコース」という物質にまで小さくなります。

「炭水化物(糖質)」といわれる物質の最小単位が「グルコース」です。

体内に吸収された「グルコース」は血液によって「細胞」に運ばれます。

「細胞」に「グルコース」が取り込まれることにより「アデノシン三リン酸」は合成され、「エネルギー」を発生させます。

「グルコース」は「アデノシン三リン酸」を合成しながら最後に「ピルビン酸」という物質にまで分解されるのですが・・・。

この「グルコース」で「酵素」を紹介できれば・・・と思います。

 

 

「グルコース」は、「グルコース」という物質で細胞に取り込まれ

「グルコース」は第1段階の「代謝」により「グルコース-6-リン酸」に変化します。

この「グルコース」を「グルコース-6-リン酸」に変化させるために「ヘキソキナーゼ」という名前の「酵素」が使われます。

※この「グルコース」から「グルコース-6-リン酸」の反応には「アデノシン三リン酸」のエネルギーも利用されます。

 

「グルコース-6-リン酸」は第2段階の「代謝」により「フルクトース-6-リン酸」に変化します。

「グルコース-6-リン酸」を「フルクトース-6-リン酸」に変化させるために「ホスホヘキソースイソメラーゼ」という名前の「酵素」が使われます。

 

「フルクトース-6-リン酸」は第3段階の「代謝」により「フルクトース-1、6-ビスリン酸」に変化します。

「フルクトース-6-リン酸」を「フルクトース-1、6-ビスリン酸」に変化させるために「ホスホフルクトキナーゼ」という名前の「酵素」が使われます

※この「フルクトース-6-リン酸」から「フルクトース-1、6-ビスリン酸」の反応には「アデノシン三リン酸」のエネルギーも利用されます。

 

・・・という風に「グルコース」は第十段階までの「代謝」を経て10種類の「酵素」が使われて「ピルビン酸」に変化します。

 

 

「酵素」とは・・・物質の変化を進めるための「物質」です。

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ゆるびか

【住所】
〒570-0028
大阪府守口市本町1-8-16
コムズスクエアA301

【電話番号】
06-7501-6475

【営業時間】
10:30~19:30

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP